とれたてのお米、ブルーベリー、農産物を熊本・益城から全国へ産地直送でお届けします。

「食べる」が支援になる。

熊本のおいしいを食べてください!

この度の熊本地震により被害を受けられた、
被災地域の皆様に心からお見舞い申し上げます。

2016年4月14日午後9時26分ごろ、
九州地方を震源とするマグニチュード6.4の地震が発生しました。
弊社「たべたせいか」がある熊本県益城町では震度7の激しい揺れを観測しました。
激しい揺れにより家屋や設備に大きな被害がありましたが、
幸いにも家族、スタッフに被害は無く全員無事でした。

熊本は日本を代表する農業県です。
そんな熊本の農業が甚大な被害を受けました。
田んぼや畑は地割れの被害にあい、農機具や資材は崩れた家屋に押しつぶされてしまいました。

そんな状況でも、余震が続く中で畑の世話をし、植え付けに追われている農家の姿があります。
機械が使えないならと、手作業で作業を行っています。
家の事や家族の事を気にしながらも、農作業をやめないのは、
農繁期を迎えている今頑張らないと、半年後、一年後の未来が失われてしまうからです。
そして、この先の見えない状況の中、復興への想いで種をまき、苗を育てています。

地震で大変だけど、頑張っておいしい熊本産を作ってます。

熊本城のいま

今回の熊本地震により、熊本県内の文化財にも甚大な被害が発生しました。
その中でも、熊本を代表する観光地であり、熊本のシンボルでもある熊本城は甚大な被害を受けております。

被害状況は深刻で、重要文化財に指定されている櫓や門など13の建築物全てに深刻な被害が出ております。
現存する城郭の塀としては最長の全長242メートルにもなる長塀は約100メートルが倒壊し、
宇土櫓の続櫓や不開門も完全に倒壊、東十八間櫓は石垣ごと崩落してしまいました。

戦後の1960年に再建された大天守はしゃちほこが落下。
2005年再建の飯田丸は石垣の崩壊が続き、いまや一本の石垣で支えられており、
櫓がいつ落下してもおかしくない状態となっています。

復興のシンボルとして、熊本のシンボルとして復旧が待たれますが、
専門家の話では復旧には10年〜20年、費用にして560億円以上とも言われる莫大な資金が必要となっております。

  • 熊本城 馬具櫓
  • 飯田丸五階櫓
  • 未申櫓前
  • 二の丸駐車場
  • 西大手門
  • 西出丸塀と戌亥櫓
  • 戌亥櫓の石垣
  • 戌亥櫓
  • 北大手門跡の石垣
  • 北大手門跡
  • 小天守と大天守
  • 大天守
  • 小天守
  • 平左衛門丸の石垣
  • 宇土櫓

おいしいで熊本を元気にしたい!

私たち「たべたせいか」は熊本の為に出来ることはなにかと考えました。

災害の復興支援には、募金やボランティアなど色々な形があります。
今回の熊本地震でも多くの募金、ボランティアがあり、感謝してもしきれません。

そして、熊本を想い、熊本産を選んで食べて頂ける、熊本の商品を購入して頂ける、
そして「おいしい」と言って頂ける。
これも大きな支援になっています。

私たちに出来ること、それはこの熊本産の「おいしい」を出来るだけ多くのお客様に届ける事、それが、熊本を元気にしていく事につながるのだと信じています。

代表 田端 啓一

全 [13] 商品中 [1-12] を表示

「食べる」が支援になる。

熊本のおいしいを食べてください!

熊本県は全国の農業産出額の2割を占めており、 熊本県だけでなく日本の食卓を支えてきました。そんな熊本県の農家さんが窮地に立たされてます。
皆様の「食べる」が熊本県そして日本の食卓を支える農家さんの支援に繋がります。
たべたせいかは「熊本」と共に頑張ります!

お電話でのご注文・お問い合わせはこちら 096-285-7488 受付時間 平日・土曜日9:00〜17:00

ショップについて

田端啓一

熊本県で取れたお米や旬の野菜をお届けします。 やわらかな食感と甘みのある熊本県産のお米。 大粒で甘くて美味しい冷凍ブルーベリー。 小さいお子様からおじいちゃんおばあちゃんまで熊本の旬の食材をご賞味ください。

熊本お米王子のブログ

品質と安全性について

卸のご相談はこちら

飲食店・業者様向け卸販売

熊本の安心安全なお米を
お客様に提供しませんか?
電話注文翌日発送、日時指定可能!
代金引換で取引も楽!