*

健康志向の方に贈り物やお取り寄せで人気なブルーベリー。おいしいべ方や保管方法についてご紹介

かじるとほどよい甘みと酸味が組み合わさった、フルーティーなブルーベリー。最近ではアントシアンなどの成分が話題となり健康目的で多くの方がサプリメントや食事で接種されている方は多いと思います。

そんなブルーベリーですが、生のブルーベリーはどうしても長持ちしないので、冷凍のブルーベリーをよく食べるという方が多いと思います。そんなブルーベリーをおいしく食べる方法や、保存方法についてご紹介したいと思いますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ブルーベリーの味の特徴について

ブルーベリーの特徴は、品のいい甘味とほどよい酸味と甘味のバランスです。独特の別の果実にはないような風味があると言えるでしょう。ブルーベリーの果実が持っている甘味は、ブドウ糖と果糖が合わさったもので、クエン酸がこの糖のほとんどの酸です。

ブルーベリーの風味は、このような酸と糖が混じり合った味で、果実が成熟するにつれて酸は少なくなって甘味が出てきます。口から種子を出さないで、また果皮をむかないで丸ごと摂れることもあります。果皮や種子ごと摂ることによって、豊富に食物繊維や目にいいアントシアニンを摂ることができます。

オリジナルの果皮の色つやが、やはり最大のブルーベリーの果実の特徴で、成熟した果実の青紫色の濃いものが、アントシアニンという有名な色素です。

ブルーベリーの果実の特徴

また、ブルーベリーの果実は、追熟が樹上でしかできないので、バナナやキウイフルーツなどのように成熟が収穫した後にするような場合はありません。そのため、成熟していない早く採られたような果実は、強い酸が残ったままで、ブルーベリーとしては「おいしくない」ものになってしまいます。

完全に成熟したブルーベリーの場合は、柔らかい果皮で傷みやすいので、なかなか市販では売られていないというのが実際です。

ブルーベリーは、強い酸味があるため摂るのが好きでないというような場合は、完全に樹上で成熟している採りたてのブルーベリーの新鮮なものをぜひ摂ってみましょう。ブルーベリーの非常に美味しいものを味わうことができます。

おすすめのブルーベリーの食べ方

ブルーベリーが新鮮な場合は、生でそのまま食べるのもいいですが、採ってからしばらく時間が経っており新鮮さが無くなっている場合は、加工するのもおすすめです。冷凍したものや保管中のものについては、ヨーグルトに和えたり、タルトにしたりしても、美味しくて可愛い外観にもなります。

加工する場合は、ジャムやソースにするために煮詰めたり、アイスクリームと混ぜたり、ゼリーやムースにしたりするのもいいでしょう。アイスクリームにブルーベリーを混ぜる場合は、市販されているアイスクリームに対して、アイスクリームの量の4分の1のブルーベリーを入れて混ぜて、再度冷凍します。

最近では、スムージーとして調理される方も多く、朝食などでもとても人気の高いレシピといえます。

ブルーベリーを保存しするには

ブルーベリーは、乾燥に強くなく、新鮮さもすぐに無くなり、追熟しないので、保存は常温ではできません。そのため、ブルーベリーを保存する場合は、冷蔵庫に入れておいて、常温に置かないようにしましょう。保存する際に冷蔵庫に入れる場合は、乾燥しないように注意しましょう。

そのため、冷蔵庫に入れて保存する場合は、乾燥しないようにジッパーが付いている保存袋やビニール袋などに入れておくことがオススメですが、ブルーベリーを保存することができるのは、せいぜい1週間くらいです。美味しくブルーベリーを味わうためには、できる限り早めに摂るようにしましょう。

冷凍しておいたブルーベリーを解凍した場合は、果汁が出てきます。しかし、ブルーベリーを冷凍しておくことによって、ヨーグルトにプラスしたりするなど、異なった食べ方が楽しめます。早めにブルーベリーを食べない場合は、保存する際に冷凍するようにしましょう。

 

贈り物やご自宅へのお取り寄せにたべたせいかの冷凍ブルーベリーはいかがでしょうか

熊本県産無農薬で大人気の冷凍ブルーベリーです!

冷凍ブルーベリーなので長期保存可能です。

そのまま食べても美味しいですし、ヨーグルトやスムージーにも最適です!

冷凍ブルーベリー

ブルベリーはこちら

 

この記事がためになった、面白かったという場合はぜひ評価いただけると幸いです!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 投票, 平均点: 5.00)
Loading...Loading...

関連記事

ブルーベリーは万能フルーツ。

ブルーベリーは目によく美味しい! ブルーベリーというと「目にいい」とか「美味しい」というイメー

記事を読む

フルーツヨーグルトアイス。

今日はブルーベリーとイチゴを使ってで冷たいおやつをご紹介! 色々なフルーツでアレンジ可能な

記事を読む

ハイブッシュブルーベリーの系統と新品種。

ハイブッシュブルーベリーの系統 栽培ブルーベリーとして最もポピュラーなハイブッシュブルーベリー

記事を読む

ブルーベリーの樹勢と品種の使い分けについて。

ブルーベリーには大きくわけて2種類の品種がある。   一つは食味もよく大粒だが

記事を読む

ブルーベリーの形態的特徴。

メイン品種であるハイブッシュブルーベリーとラビットアイブルーベリーの栽培技術と深く関係する、

記事を読む

ブルーベリーの細かい品種について。

ブルーベリーには大きく分けて2種類の品種に分類され、ハイブッシュとラビットアイというのは有名

記事を読む

ブルーベリーの自然な栽培方法。

ブルーベリーの自然栽培方法。   ブルーベリーは一般的には植え穴に土壌改良材を

記事を読む

ブルーベリーは家庭栽培に向いているワケ。

  どうして家庭栽培むきなのか? ブルーベリーは種類、品種を選べば北海道から沖

記事を読む

ブルーベリーとカシスの違い。

ブルーベリーとカシス。 パッと見、非常に似ている二つの果実ですが、栄養価や生産国、実の色は実は

記事を読む

ラビットアイブルーベリーの品種。

  収穫量が多いラビットアイブルーベリー、土壌対応力もあり収穫量もかなりあり

記事を読む

 
 
ブルーベリーの優れた美容効果と健康効果

ブルーベリーの美容効果と健康効果 ブルーベリーには豊富な栄養素が

ブルーベリージャムが簡単にできるレシピ

ブルーベリージャムの材料 ブルーベリージャムを作るためのレシピで

美容効果や健康効果が豊富にあるいちご

甘くて美味しいいちごが好きだという人も多いものですが、実は美味

イチゴスムージーの定番レシピと様々なアレンジ

イチゴスムージーは、手軽に作れて美味しいので、多くのレシピがあります。

スポーツ選手に人気!レモンはちみつ漬けの効果とレシピ

はちみつにレモンを漬けた「レモンはちみつ漬け」。ご自宅の冷蔵庫に常備し

→もっと見る

PAGE TOP ↑