*

ブルーベリージャムが簡単にできるレシピ

ブルーベリージャムの材料

ブルーベリージャムを作るためのレシピですが、まず材料を用意する必要があります。

用意する材料はブルーベリーとグラニュー糖は必ず必要になります。

他にもレモン汁とブルーベリージャムを作った後に保管することができる容器を用意する事が大切です。

ブルーベリージャムの作り方

ブルーベリージャムを作る場合ですが、冷凍のブルーベリーを使うか、生のブルーベリーを使うかにより調理方法は異なります。

生で使う場合は水洗いをするだけで問題ありません。

水洗いをしている時に傷みある物を見つければ取り除いておくようにしましょう。

水洗いをした後はザルなどにあげて水気をよく切る様にして下さい。

水気を切ることが出来たら大きな鍋に移します。

冷凍の物を使う場合

冷凍の物を使う際ですが、冷凍の物は水洗いする必要はありませんので、そのまま大きな鍋に入れてしまいましょう。

鍋に入れると加熱をする工程に移りますが、この際に大切なのが弱火にする事です。

強火にすると焦げ付く原因にもなりかねませんので注意が必要です。

弱火で加熱を続けると水気が出てくるようになるので、水気が出てきたら中火にしましょう。

この時も混ぜながら中火にすれば焦げ付く心配もありません。

とろみが付いてきて鍋の中身が投入分より減ってきたら完成

ブルーベリーから十分に水分が出てくれば、ここでレモン汁とグラニュー糖を投入します。

この時に加熱を続けるとアクが浮いてくる場合がありますので、その時は丁寧に取り除くようにして下さい。

アクを取り除きながら10分ほど中火で煮詰めるようにすると段々ととろみがついてくるようになります。

とろみが付いてきて鍋の中身が投入分より減ってきた事を確認できれば完成です。

冷めてしまうと固まってしまい容器に移すことも出来ないので、熱い内に容器に移すようにしましょう。

容器に移した後は常温で保存するのではなく、冷蔵庫で保管する様にして下さい。

食べることのできる期間は凡そ2週間前後になりますので、ブルーベリージャムを作る際には分量に気をつけて、賞味期限内に食べきる事ができる分だけ作って下さい。

 

この記事がためになった、面白かったという場合はぜひ評価いただけると幸いです!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...Loading...

関連記事

記事はありませんでした

 
 
ブルーベリーの優れた美容効果と健康効果

ブルーベリーの美容効果と健康効果 ブルーベリーには豊富な栄養素が

ブルーベリージャムが簡単にできるレシピ

ブルーベリージャムの材料 ブルーベリージャムを作るためのレシピで

美容効果や健康効果が豊富にあるいちご

甘くて美味しいいちごが好きだという人も多いものですが、実は美味

イチゴスムージーの定番レシピと様々なアレンジ

イチゴスムージーは、手軽に作れて美味しいので、多くのレシピがあります。

スポーツ選手に人気!レモンはちみつ漬けの効果とレシピ

はちみつにレモンを漬けた「レモンはちみつ漬け」。ご自宅の冷蔵庫に常備し

→もっと見る

PAGE TOP ↑